取っておいて良かった!自動車の免許

車の免許を取るのは当たり前だと言われ、無理して取ったが、運転に向いていなくてペーパードライバーになった。

取っておいて良かった!自動車の免許

車の免許を取った時の思い出

現代では男女を問わず、多くの人が車の免許を持っているようです。
それでも免許を持ちながら、何らかの事情で日常生活では車を運転しない人々がいます。
いわゆるペーパードライバーという人々です。
私もその一人なのですが、車の免許証は今では身分証明書として、大切なものとなっています。
今まで知り合った人々のなかで、自分と同じような人を見てきましたが、分かったのは、そういう人々はもともと車の運転に向いてないのだろうということです。
それは運動神経が足りないとか、持って生まれた性格のせいだとか、理由はいろいろあるでしょう。そういう人々は、車を運転したいという欲求がなく、それ自体が向いていないことの証左だと言えます。
私が自動車学校に行っていた時、一番難しいと感じたのは、ギアの変換でした。
スポンジが水を吸い込むように上達していく人をみて、とてもうらやましく思ったものです。

ところが面白いことに、最近ではこのマニュアル車が苦手だという若者がいるということです。
車にオートマチック車ができたと聞いた時、自動的にギアチェンジをしてくれるなんて便利だと思ったものです。
私が車の免許を取った時は、そんな車はなかったからです。

でも人によっては、マニュアル車の方がよいと思っている人がいるそうです。
そんな中、マニュアル車は疲れるから苦手だという若者がいると知って、私は少し安心しました。
やっぱり苦労するところは、皆大体同じなのだと分かったからです。
そして、どうしても車を運転しなければならなくなったら、オートマチック車を学び直せば、ひょっとしたら自分も運転できるようになるのではないか、などと密かに思いました。

おすすめ情報