取っておいて良かった!自動車の免許

自動車運転免許を取るための一連の流れを説明します。基本的なことからじっくり話していきます。

取っておいて良かった!自動車の免許

自動車運転免許取得の一連の流れ

自動車を運転するには免許が必要になります。
免許を取るにはどうしたら良いのかを説明します。
最初は大雑把に説明します。
まずは自動車教習所に行き、そこで運転技術を習得した後に、住民票のある都道府県の免許センターの試験に合格して免許を取得する、という形になります。


ここからは少し細かい話になります。
教習所は2種類あります。
公安による公認教習所と非公認教習所があります。
公認教習所の場合、最後の試験の時に実技試験をやらなくて済みます。
非公認教習所は実技試験を受けることになります。
そして次は、教習所に入ったあとの話になります。
教習所では、実技の練習と筆記試験の勉強の両方を行います。
そして大きく分けると二段階に分かれます。
まずは、一段階目として基礎的な知識を学習します。
交通規則や安全知識についてです。
実技は、車の基本操作と基本走行を学び、教習所場内で運転します。
オートマ車とマニュアル車で学ぶ時間が違うので注意してください。第一段階の学科教習を修了し、技能教習のみきわめに合格して、仮免許試験を受けて合格すると、第二段階に進みます。
ここでは、第一段階で学んだことの応用編になります。
実技の方は実際の道路で運転するので気を付けましょう。卒業検定に合格すると晴れて卒業となります。
教習所を卒業してから一年以内に免許センターに行きましょう。適性検査を受けて、学科試験に合格すれば即日免許を受け取ることができます。
以上、免許取得についての話でした。

おすすめ情報